2011年5月

新海誠監督の最新劇場アニメ作品
星を追う子ども
を観にいってきました
賛否両論あるようですが、個人的には面白いと思いました。ただ、私の好みで言うと
雲の向こう、約束の場所 > ほしのこえ > 星を追う子ども = 秒速5センチメートル
といった感じで、私的好み第1位は依然として『雲の向こう~』のままかなぁ
ネタバレはないですが、興味ある方は続きからどうぞ

| コメント(0)
twitterだと呟ききれそうもないので、久々に日記を書くことにしました

このGWはどこにも行きませんでしたが、イラストを描いたりアニメなど観て楽しみつつ勉強もしたり、そして何と言っても溜めてしまっていた仕事を片付けたりしながらわりと有意義な時間を過ごせて、個人的には良い休みだったなぁ、と思えました
このGWにやったことの感想など書いてみます


■イラストを描いた!

ずぅっと描いていなかったイラストに挑戦、ようやくイラストコーナーに入道雲以外のイラストを載せることが出来ましたw イラストコーナーから見られますので良かったらみてみて下さい。イラスト制作の感想の記事もこちらにて公開しています

劇場版ガンダム00を観た!

twitterでも描きましたが、あれはもうガンダムじゃないですねw ロボットSFファンタジーといった感じでしたが、個人的には好きな感じで面白かったです。新ガンダムの中ではラファエルガンダムが個人的には好きな感じだったのですが、出番がちょっとしかなくてちょっぴり残念でした

宇宙ショーへようこそを観た!

失礼ながら、この作品は何となく観てみようと思っただけであまり期待していなかったのですが(スミマセン・・・)これがかなり良い作品でした☆
宇宙へのロマン、王道を踏襲しながら新しい設定を盛り込んだストーリー、作画のクオリティなどなどどれもぶったまげで、楽しく観ることが出来ました。宇宙好きな方はもちろんのこと、児童文学のような内容から広くちびっ子達にオススメしたい作品です。少年時代の未知への冒険、ドキドキワクワクを思い出させてくれた作品でした
ちなみに背景美術が草薙にととにゃんとかなりクオリティ高いので、そちらも必見です

僕たちは世界を変えることができない。を読んだ

いまどきの若者である作者様がカンボジアに小学校を建てるまでを描いたノンフィクションです。ボランティアものですが堅苦しくなく、(表面的には)軽いノリの文体と相まってサラッと読むことが出来ます。しかしながら実際に現地を見てきた作者様が感じた、言葉では言い表せられないような深みもヒシヒシと伝わってきました
自分の無力感に苛まれる作者様の独白が純文学的でもありますが、自身の下ネタも赤裸々に描かれていて、作者様の人柄に人間味を感じながら読むことが出来ました
普段あまり本を読まない人にでもオススメしたいと思いました。下ネタが平気だったら・・・ですがw

■仕事・・・orz

なんと昨年度の仕事を残してしまっていたことが連休前に判明! この連休中に終わらせてくるからと頼んで持ち帰らせてもらいました。あと2つ実践報告を書けば終わりますのでこれから頑張ります


こんな連休でしたが、色々と刺激を受けたりリフレッシュすることが出来ました
友人と遊んでおらず、ずぅっと1人ぼっちだったというのが少し寂しいですが(笑)明日からまた頑張ります。みなさんも良い連休となったなら嬉しく思います
それではまた
| コメント(0)
長らく更新の無かったイラストコーナーですが、ようやくイラストを増やすことが出来ました
twitterで「GW中にイラストを1枚描きます」と宣言したので頑張ったのですが、結局人物の清書は出来ず、未完成のような状態を「完成」と言い張って公開することになってしまいました




夕暮れをテーマに描きたいと思っていたのですが、夕方に見えるでしょうか・・・心配です
イラストコーナーではこの倍の大きさで見ることが出来ます(960×540px)
ちなみに描いたときにはフルHDサイズ(1920×1080px)でした。出来が良くないので「縮小すると少しはマシに見える」という手法を取ることに・・・orz

最初は女の子から取り掛かったのですが、今回は紙に描かずにいきなりPC上で描いてみました。下書きをガシガシ重ねていく手法を使ったのですが、線画の清書が出来ず荒い線のまま公開することになってしまいちょっと残念。
また、アニメなどであるような非現実な髪の色にも挑戦してみました。
紙に描いた前回の「銀河鉄道」の時よりも、女の子はけっこう上手く描けたかなと思うので(動画にしないので表情に凝れたというのもありますが)、背景よりもこっちに時間をかければ良かったなぁって思ってちょっと悔しいです
ちなみに今回もポーズは某アニメのフィギアを撮影して決めました。顔だけでなく、体も見本無しで描けるようになりたいです

続いて背景ですが、これは特に意図も無く線路上に決めました。シルエット+左右シンメトリーの構図にしたのも、時間をかけずに描けそうだという情けない理由からでしたが、それでも自分にはかなり時間がかかってしまいました。そして出来も良くないという残念な結果になってしまいました。これをバネに精進していきたいと思います
| コメント(0)