星を追う子どもを観てきました

新海誠監督の最新劇場アニメ作品
星を追う子ども
を観にいってきました
賛否両論あるようですが、個人的には面白いと思いました。ただ、私の好みで言うと
雲の向こう、約束の場所 > ほしのこえ > 星を追う子ども = 秒速5センチメートル
といった感じで、私的好み第1位は依然として『雲の向こう~』のままかなぁ
ネタバレはないですが、興味ある方は続きからどうぞ

冒頭10分ぐらいまでは「え、新海さんこの路線で行くの?」と少し戸惑いがありました
「これ、ジブリだなぁ」
と感じて、妙な言い方ですがよくある普通のアニメを作るようになっちゃったのかな、と
でも物語が進むにつれて新海節が炸裂してきて一安心(?)でした
逆に、ジブリのような純粋なエンターテイメントを望んで観に来ていた人は面食らったかもしれません。美術の雰囲気のせいもあるかもしれませんが、ジブリというよりボンズの『忘念のザムド』が近いかなぁと感じました

美術に関してはこれまでの写実的な背景画に比べると手描きっぽさを出してきているなぁと感じました。作品の雰囲気や世界観に合わせたのかもしれません。空の色などはお約束の新海カラーでとてもキレイでした。ああいうの、描いてみたいものです

主人公のアスナは1枚絵やキャプチャ画像で見た時には正直「え・・・」と思いましたが(笑)、動いているととても魅力的に見えました。声が想像以上のアニメ声でちょっとビックリしましたが
シン、モリサキといった他の主役級キャラも魅力的です。本編では語られなかった裏設定が色々ありそうなので、そういうのをあれこれ考えてみるのも面白そうです

物語の内容についてはネタバレになってしまうので書きませんが、ジュブナイルと謳っている割には少年少女には少し難解かなとも思いました。冒険の中で「子ども」が成長していくことがテーマだと思うのですが、試練を乗り越えて成長するというよりは、心の葛藤や迷いと向き合いながらもがきあがいていくという精神的な成長物語です。でも、だからこそジュブナイルなのかもしれませんね
そして新海さんの不変のテーマである(?)「別離」、「喪失」といった部分も相変わらず色濃く出ていましたよ

万人受けするエンターテイメント作品では無いかもしれませんが、自分としては観て良かったなぁと思った作品でした。余談ですが、背景の書き込み具合をしっかり見たいと思ってかなりスクリーンに近い位置で観たのですが、見づらいばかりであまり良く分かりませんでした・・・。やっぱり映画は見やすい位置で観るのがイチバンですねw

そして映画の予告で知ったのですが、スタジオボンズが劇場作品を作るようですね
トワノクオン
という作品のようです。ものすごーく気になりました
何と驚きの全6章、6ヶ月連続公開らしいですが、観に行きたいなぁと思っています

良い作品を観て刺激をいっぱい受けたので、私ももっともっと頑張りたいと思いました
やるぞー

コメントする