誓いのスターナイト -君と僕の初恋物語 第2話-

 試聴(1回クリックで再生、もう1回クリックで停止)
 mp3ダウンロード(プレイヤーで再生されてしまって持って帰れない場合は、右クリック→対象をファイルに保存)

歌詞

君の手を引きながら階段を駆け上がっていく
こっちだよ ほら、もうすぐそこだよ
町の灯り消え始めていく 空は群青に染まる

ずっと夢見ていた 君とこうしていれるのが
この瞬間がまだ夢見たいで
つないだ手さえも 何度も何度も握り締めて確かめてた

展望台に着いたとき 僕の袖をギュッと掴んで
「あのね...」 って君は少し儚くて
何を言うの? とドキドキしていた つないだ指もほどけてた

「ねえ、もしも私に何かあったら この手を放していいよ?」
寂しそうに、真面目に君が言うから 君がほどいた指に
指を絡めて

スターナイト スターナイト...... 星空のカーテン 誓った永遠
スターナイト スターナイト...... 星空泣く夜 指きりげんまん

流れ星を見ていたの 君は何を願ったの?
訊ねると君は少しはにかんで
「何もお願いしなかったの」と 僕を見つめて言った

「今のこの時が 2人こうしていれるのが
この瞬間が幸せすぎて
願い事は必要無いの」と 顔を赤く染めて言った

ああ、君に出会えて本当に良かった 君をギュッと抱きしめた
泣いているの? 涙がポツリと落ちた ......あれ? 僕の涙か
頬に手をあて

スターナイト スターナイト...... 月もかくれんぼ 初めての口づけ
スターナイト スターナイト...... 照れ笑いして また指を絡めた

君のために 2人のために 風は奏でる優しいメロディ
Star night's Star knight...... 星空の約束 指きりげんまん